柴崎駅で夜20時まで診療の歯医者

〒182-0007 東京都調布市菊野台1-20-39メゾン内田1F
京王線 柴崎駅北口より徒歩2分

診療時間
11:00~13:00 ×
14:00~20:00 ×

△:14:00~17:00
休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

042-452-8548

当院の小児歯科

小児歯科では、おこさまとのコミュニケーションを大切にし、どんな器具で何をするか、きちんと説明を行います。歯並びが気になる方には小児矯正をご用意しております。

子育て経験のある歯科医師が担当

お子さまの診療を担当する歯科医師は、子育て経験があります。父親・母親としての経験から、親御さまたちのお悩みに共感できる部分が多く、親御さまに寄り添いながら治療を進めることができます。

ママさん歯科衛生士も在籍し、皆が子ども好きですので、お子さまと楽しく会話をしながらスムーズに検査や治療を行えます。

また小児専用の治療器具を備えており、診療には親御さまに立ち会っていただけますので、小さなお子さまでも安心して受診していただけるはずです。

治療方針としては、今ある虫歯を治療することだけではなく、お子さまの将来のために、自立してお口の管理ができるように指導・応援することを重視しています。また、予測のつきにくい歯並びなど、親御さまが心配される部分のケアも行っています。

 

永久歯がそろってからは不可能な
『1期治療』とは?

1期矯正(小児矯正)と2期矯正(成人矯正)の違い

お顔の骨格の成長は、比較的早期に終了します。(男性でおよそ 歳。女性でおよそ 歳。個人差あります。)理想的には乳歯が残っている段階で、十分に骨格を成長させ、周囲筋肉(舌・唇など)に悪癖がない状態を作っておくと、一部の異常を除いて、ほとんどの場合、綺麗な歯並びができます。(多少の歯のねじれ程度は出ることはあります。)

1期治療はお顔の骨格の成長をコントロールする方法で、成長が終了した後では不可能となります。個人差はありますが、永久歯が生えそろうのがおよそ12歳ですので、できるだけ10歳ごろまでには1期治療を行うことが理想と考えています。

また同時期に、MFT(筋機能療法)を取り入れることで、周囲の筋肉の悪癖を取り除いておくと、永久歯が生えるときに綺麗に並ぶばかりか、体に良くない口呼吸を防いだり、悪癖によって歯並びが乱れていくことを防いだり、良いことしかありません。ご自宅で楽しくできる方法をたくさん用意していますので、ご相談いただければと思います。

お子さまの歯並びの乱れを防ぐ
1期治療装置「プレオルソ」

株式会社フォレスト・ワンHPより

お子さまが成長するにつれ、「歯並びが悪いのでは?」とご心配になる場合もあるでしょう。そのようなときはぜひ一度ご相談ください。丁寧な検査や診療を通して、将来的に歯並びが悪くなる可能性があるか、今のうちに治療を始める必要があるかを判断いたします。

もし矯正が必要となった場合には、将来にわたって歯並びの乱れを防ぐことのできる「プレオルソ」をご用意しておりますので、そのまま矯正治療のご相談を承ることが可能です。

プレオルソとは?

プレオルソは、現役の矯正専門の歯科医師が開発した「取り外しのできる」マウスピース式矯正装置です。この装置ひとつで、お子さまの歯並びだけでなく、噛み合わせやお口まわりの筋肉バランスをも整えることができます。

骨格が固まり始める前の、あごの骨が柔らかい時期に治療を開始すると、より大きな効果を得やすくなります。4〜5歳頃から、あるいは3歳からでも治療を開始することが可能。始める時期が早ければ早いほど効果的な矯正方法です。当院でプレオルソのご説明を差し上げた患者さまの約9割(※)の方が、治療を始めていらっしゃいます。

ご自宅で装置をつけていただく矯正治療ですので、ご家族みなさんでお子さまの治療を応援してあげてください。決められた通りにマウスピースをつけていただければ、目に見えて結果が出てきます。当院では矯正治療の経過を写真におさめ観察して参りますので、段々と噛み合わせがきれいになっていく様子をご覧いただくことが可能です。このときに撮影する写真は、お口の中だけでなくお顔全体の写真も撮影いたしますので、より改善の変化を確認していただきやすいはずです。目で見て確認ができますので、お子さまご本人、親御さま、そして当院スタッフまでもが嬉しくなり、治療へのモチベーションが上がります。

ご来院いただいた際にはお口の中の状態検査を行ったり、歯みがき方法をお教えしたりもできますので、幼いころから歯やお口への意識を高めることにつながりやすいのもメリットです。

(※2018年現在)

プレオルソ 50,000円(税別)

※保険外診療です

治療名:プレオルソ
リスク・副作用:毎日のトレーニングを怠ると良好な結果が得られません。夜寝るときに装置をお口に入れておく必要があります。生涯の歯並びを保証するものではありません(成長により通常矯正が必要になる場合があります)。症状が改善されない場合は他の矯正治療に移行する場合もあります。

お子さまの気持ちを大切にした治療

お子さまが歯医者さんを嫌いになってしまうと、親御さまだけでなくお子さまご本人が苦しむことになってしまいます。当院はお子さまに歯科への苦手意識を抱かせないよう、むりやり押さえつけて治療することをいたしません(※)。

「歯医者さんは怖くない」「歯医者さんは楽しい場所」そんな風に感じていただけるよう、お子さまのお気持ちや体調を優先して考える治療を行っています。

たとえば、治療を始める前にはお子さまに治療器具を見せ、実際に触っていただきながら治療で何をするのかをご説明します。何か良く分からないものが自分の口の中へ入ってくるのは、誰でも不安を感じるものですので、少しでもその部分を払拭するためです。お子さまご自身に納得いただければそのまま治療を開始しますが、ご納得が得られない場合は日程を改めます。そうして何度か通院いただく中でお子さまにご納得いただけるよう、トレーニングをして参ります。

お子さまのお気持ち、そして成長を大切に見守りながら治療を進めて参ります。どうぞご安心ください。

(※緊急性が高いと判断した場合はやむを得ず治療することもあります)

小児歯科治療の流れ

お口の検査

お口の中を拝見し、歯や歯ぐきの状態を確認します。痛みのある検査はありませんのでご安心ください。必要に応じてレントゲン撮影も行います。

治療計画の説明

お子さまのお口の中がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

治療にむけてのサポート

当院では、嫌がるお子さまを押さえつけてムリヤリ治療することはありません。そのため、お子さまご自身が納得して治療を受け入れられるようになるまでに数回の通院が必要な場合があります。

治療

お子さまが治療に納得できたら、いよいよ治療を開始します。

歯磨きや食生活について
アドバイス

虫歯ができないように、お子さまに歯磨きの練習をしていただいたり、保護者の方には食生活や日常ケアについてアドバイスをします。

再発予防

お子さまの健康を守るために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。