柴崎駅で夜20時まで診療の歯医者

〒182-0007 東京都調布市菊野台1-20-39メゾン内田1F
京王線 柴崎駅北口より徒歩2分

診療時間
11:00~13:00 ×
14:00~20:00 ×

△:14:00~17:00
休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

042-452-8548

当院の虫歯治療

虫歯治療では「患者さまに苦痛を与えない」ことを常に心がけています。痛みや不安を与えがちな麻酔の工夫も、その取り組みのひとつです。また、患者さまの歯の健康を守るため、神経を極力取らない治療も志しております。

「痛みの少ない治療」で患者さまの不安を軽減

患者さまにとって、歯科治療での一番の不安とは何でしょうか? 当院では「痛み」こそがその答えではないかと考えています。もし自分が治療を受ける立場であったらどう思うか。痛みを感じさせずに歯の治療を終えることができるなら、多くの方に喜ばれるのではないか。このように患者さまの立場に立って考え、「苦痛の少ない治療」を常に心がけ、患者さま不安を軽減しています。

そのため、治療の前段階である麻酔においてもさまざまな配慮をしています。注射針が刺さるときの痛みを感じにくくするために、まずは歯ぐきの表面にゲル状の表面麻酔を施します。さらに使用する注射針は極細のものを導入。こうすることでより痛みを少なくすることができるのです。

麻酔の方法にも工夫があります。電動麻酔と手動麻酔というふたつの方法のうち、当院では手動麻酔を採用しています。麻酔液の注入速度を遅くすることで痛みを軽減できるのですが、微調整ができない電動麻酔に比べ、手動であれば細かい調整によって電動以上にゆっくりとしたスピードで麻酔液を注入することが可能だからです。痛みを左右しやすい針先の方向にも気を付けており、患者さまに「もう麻酔をしたんですか?」と驚かれることもあります。

痛みに対する不安があると、「歯医者に行くのがイヤ」という気持ちになってしまうと思います。不安なく通院していただくため、なるべく痛みのない治療を心がけています。

神経を取らないように、MTAセメントを使用

歯の神経(歯髄)は、歯に栄養分・水分を行き渡らせる働きを持っています。そのため、神経を取ってしまうと栄養が不足し、歯がもろくなってしまうのです。もろくなった歯は、折れたり欠けたりしやすくなります。当院はこうしたリスクを極力避けるため、なるべく神経を取らずに済む虫歯治療へ取り組んでいます。

その取り組みのひとつがMTAセメントです。MTAセメントは人体への影響がほとんどない安全な薬剤で、歯の神経を保護しながら虫歯菌を殺菌することができます。また、水分があってもしっかり固まる性質を持っていますので、治療した部分への細菌の侵入を防げるというメリットもあります。

虫歯を削った後にMTAセメント使用することで、病巣の虫歯菌を殺菌しつつ、神経を取らずに治療できる可能性を高めることができるのです。

MTA 5,000円(税別)

※保険外診療です

治療名:MTA
リスク・副作用:まれに治療後に炎症が生じ、神経を抜く治療が必要になる場合もあります。治療後に歯がしみる可能性があります(次第に症状は軽減・消滅します)。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。